衣ぬ


京都は生糸の文化を育んだ地。
世界でも優れた技で多種多様の生地を生んできました。
「 着倒れ」 の文化はいつまでも衣を楽しむことです。


Kyoto brought up the culture of the raw silk.
It laid various cloth by the superior skill in the world.
"Kidaore"[Can consume a lot of clothes] is to enjoy the clothing culture forever.
 
 

紹介ページへ

  • 住う
  • 食す